MONTEDIO YAMAGATA OFFICIAL WEBSITE

2014J2リーグ第3節vs.FC岐阜

2014Jリーグ Div2第1節第3日 モンテディオ山形vsFC岐阜
2014.3.16. 13:04KickOff NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形
(ホーム)勝点1→4
3 1 前半 0 1 FC岐阜
(ビジター) 勝点6→6
2 後半 1
マッチコミッショナー 星野 務 天候 雨、弱風
主審 上田 益也 気温 5.4℃
副審 藤井 陽一 湿度 73%
藤田 稔人 ピッチ 全面良芝、水含み
第四の審判 橋本 真光 試合時間 90分
記録員 細谷 龍彦 入場者数 7,038人
得点経過
時間 得点者 得点経過
25分 山形 10.伊東 俊 左 5 ~ 中央 18 → 10 右足S 相手GK 右足S
71分 山形 18.萬代 宏樹 中央 15 直接FK 右足S 相手GK こぼれ球 18 右足S
72分 岐阜 24.難波 宏明 右 CK 6 ↑ 中央 35 ヘディング 24 右足S
75分 山形 11.ディエゴ 右 10 → 5 → 中央 相手DF こぼれ球 11 右足S
〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート
メンバー
交代 シュート   シュート 交代
No 90 45 モンテディオ山形   FC岐阜 45 90 No
- - 0 0 0 清水 健太 1 GK 22 川口 能活 0 0 0 - -
- - 1 0 1 山田 拓巳 6 DF 2 杉山 新 0 0 0 81 -
- - 0 0 0 當間 建文 17 35 木谷 公亮 0 0 0 - -
- - 0 0 0 イ ジュヨン 23 33 阿部 正紀 0 0 0 - -
- - 0 1 1 舩津 徹也 5 17 野垣内 俊 3 1 2 - -
- - 1 0 1 宮阪 政樹 15 MF 28 水野 泰輔 1 0 1 - -
- - 0 2 2 秋葉 勝 19 8 宮沢 正史 0 0 0 - -
- - 1 1 2 中島 裕希 9 16 スティッペ 1 1 0 67 -
- - 3 1 4 ディエゴ 11 6 高地 系治 2 0 2 - -
90+2 - 1 2 3 伊東 俊 10              
- - 1 3 4 萬代 宏樹 18 FW 24 難波宏明 4 1 3 88 -
              9 ナザリト 2 2 0 - -
 
- - - - - 兼田 亜季重 16 GK 21 太田 岳志 - - - - -
- - - - - 石井 秀典 3 DF 4 田中 秀人 0 - 0 - 2
- - - - - 石川 竜也 13              
- - - - - ロメロ フランク 24 MF 23 森安 洋文 - - - - -
- - - - - 汰木 康也 25 10 美尾 敦 - - - - -
10 - 0 - 0 山崎 雅人 30 27 大田 圭輔 0 - 0 - 24
              25 清本 拓己 - - - - -
- - - - - 川西 翔太 29 FW 30 遠藤 純輝 0 - 0 - 16
 
石崎 信弘 監督 ラモス 瑠偉
スタッツ
- - 90 45   45 90 - -
- - 8 10 18 シュート 13 5 8 - -
- - 6 4 10 GK 15 7 8 - -
- - 4 8 12 CK 3 0 3 - -
- - 9 6 15 直接FK 13 8 5 - -
- - 0 0 0 間接FK 1 1 0 - -
- - 0 0 0 オフサイド 1 1 0 - -
- - 0 0 0 PK 0 0 0 - -
警告退場
モンテディオ山形 FC岐阜
66分 19.秋葉 勝 C1 38分 28.水野 泰輔 C1
[警告理由]
C1:反スポーツ的行為、C2:ラフプレイ、C3:異議、C4:繰り返しの違反、C5:遅延行為、C6:距離不足、C8:無許可侵入
[退場理由]
S1:著しく不正なプレイ、S2:乱暴な行為、S3:つば吐き、S4:得点機会阻止(手)、S5:得点機会阻止(他)、S6:侮辱、CS:警告2回
石崎信弘監督コメント
ハーフタイム ・相手の後半の入りを注意しよう。
・長いボールを入れた後のセカンドボールをしっかりケアしよう。
・ボールを取られた後の攻守の切りかえも意識してプレーしよう。
試合終了後 ホーム開幕ということで、勝点3を取れたということで本当に選手も頑張ってくれたんじゃないかなと。サポーターのみなさんが雪かきして今日のゲームができましたし、その前のトレーニングの部分でも雪かきをしていただいたお陰でグラウンドで練習ができた。サポーターのみなさんに勝点3をプレゼントできて本当によかったと思います。ただ、まだまだ今日のゲームの中で不満なところはたくさんありますので、そこをしっかり改善して次の試合に臨みたいと思います。
スカパー!ダイジェスト動画
 
戦評
開幕・湘南戦は0-1、前節・札幌戦は1-1と内容の向上とともにスコアもアップしているモンテディオ。いよいよ第3節はホームでの初戦に臨んだ。2連勝で首位に立つ、ラモス瑠偉監督率いるFC岐阜と対戦。前半は伊東俊選手、後半は萬代宏樹選手、ディエゴ選手がゴールを決め、相手の反撃を1点に抑えて3-1と今季初勝利を飾った。

雨でぬかるむピッチコンディションに高いに苦戦していたが、先に主導権を握ったのはモンテディオ。中盤で宮阪政樹選手が積極的にボールに絡み出すと一気にポゼッションが上がり、組み立てを開始。8分には宮阪選手がドリブルで持ち上がり、中島裕希選手のクロスを萬代選手がヘディングでシュート。その後も伊東選手、舩津徹也選手が左サイドを突き、17分にはまたも中島選手の右クロスから空中で競った萬代選手がうまく外側に回り込んでシュート。GK川口能活選手をかわしたが、その背後へカバーに入っていた木谷公亮選手にクリアされてここはゴールにいたらなかった。
岐阜ゴールに迫りながら得点が奪えずにいたが、25分、高い位置でボールを受けた舩津選手が左サイドから仕掛け、萬代選手がつないで最後は伊東選手がシュート。いったんはキーパーに弾かれたが、こぼれ球にもしっかり反応して先制ゴールを挙げた。
その後、カウンターやロングボールから決定機をつくられる危ない場面もあったがFWナザリト選手を抑えて同点に追いつかれることなく、前半だけで8本のCKを得るなど優位に進めた前半を1-0で折り返した。

後半もモンテディオがやや優位に進めたが、互いにミスも多く、拮抗した状態が長く続いた。しかし、65分過ぎには中島選手が中央に潜り込んできて変化をつけるようになり、ペナルティーエリア外側でファウルを獲得。得意のポイントからの直接FKを宮阪選手が蹴ると、キーパー手前でワンバウンドするボールをGK川口選手が弾いたところに萬代選手が詰めて追加点を奪った。
2-0とリードしたモンテディオだったが、その直後に岐阜にCKを与え、そのCKから最後は難波宏明選手に3試合連続となるゴールを奪われて2-1に。試合は再び緊張感に包まれたが、75分にはCKの流れから舩津選手がクロスを送り込み、厳しいマークを受けながら飛び込んだディエゴ選手が2試合連続となるゴールを流し込んだ。
3-1と再びリードを2点に広げたモンテディオは、ディエゴ選手のドリブルから伊東選手がつないで山田拓巳選手のシュートや、伊東選手のスルーパスに舩津選手が飛び込むなど、前がかりになった相手のスペースを突く形でチャンスをつくりながら、最後まで攻撃の姿勢を崩さなかった。
アディショナルタイムには岐阜のサイドからのクロスであわや失点かという場面もあったが、ミスにも助けられてこれ以上ゴールを割らせず、3-1のまま試合は終了。待ちに待った初勝利をホーム開幕戦で挙げた。

モンテディオは1勝1分け1敗となり、勝ち点4で10位につけ、次節はアウェイで横浜FCと対戦する。
試合をみる