MONTEDIO YAMAGATA OFFICIAL WEBSITE

第93回天皇杯4回戦 vs.川崎フロンターレ

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦 モンテディオ山形vs.川崎フロンターレ
2013.11.20. 19:04KickOff 等々力陸上競技場
モンテディオ山形
(J2)
0 0 前半 1 2 川崎フロンターレ
(J1)
0 後半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
マッチコミッショナー 川上 覚 天候 晴、弱風
主審 山本 雄大 気温 12.1℃
副審 中野 卓 湿度 33%
山内 弘志 ピッチ 全面良芝、乾燥
第四の審判 小屋 幸栄 試合時間 90分 延長30分 PK戦 
記録員 加藤 悦也 入場者数 5,231人
得点経過
時間 得点者 得点経過
44分 川崎 13.大久保 嘉人 左 4 インターセプト ヘディング ↑ 左 9 → 10 → 中央 13 ~ 左足S
77分 川崎 13.大久保 嘉人 中央 14 インターセプト → 中央 相手フィールドプレーヤー こぼれ球 13 右足S
~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート
メンバー
交代 シュート   シュート 交代
No 120 105 90 45 モンテディオ山形   川崎フロンターレ 45 90 105 120 No
- - - - 0 0 0 常澤 聡 21 GK 21 西部 洋平(Cap.) 0 0 0 - - - -
- - - - 0 1 1 キム ボムヨン 22 DF 8 小宮山 尊信 0 0 0 - - - -
- - - - 0 0 0 西河 翔吾 4 7 中澤 聡太 1 0 1 - - - -
- - - - 1 0 1 イ ジュヨン 23 4 井川 祐輔 0 0 0 - - - -
- - - - 2 0 2 中村 太亮 7 23 登里 享平 0 0 0 - - - -
- - - - 4 2 6 宮阪 政樹 15 MF 6 山本 真希 0 0 0 - - - -
- - - - 2 1 3 ロメロ フランク 24 16 大島 僚太 1 0 1 - - - -
- - - - 0 2 2 秋葉 勝 19 11 小林 悠 2 0 2 - - - -
- 64 - - 0 2 2 山崎 雅人(Cap.) 30 10 レナト 1 1 0 - - 83 -
- - - - 0 2 2 中島 裕希 9 FW 9 矢島 卓郎 1 1 0 - - 61 -
- - - - 1 0 1 萬代 宏樹 18 13 大久保 嘉人 5 2 3 - - 90 -
 
- - - - - - - 清水 健太 1 GK 1 杉山 力裕 - - - - - - -
- - - - - - - 石井 秀典 3 DF 3 田中 裕介 - - - - - - -
- - - - - - - 山田 拓巳 6 5 ジェシ - - - - - - -
- - - - - - - 石川 竜也 13                  
- - - - - - - 堀之内 聖 5 MF 20 稲本 潤一 0 - 0 - - - 10
- - - - - - - 比嘉 厚平 14 14 中村 憲剛 0 - 0 - - - 9
                  19 森谷 賢太郎 0 - 0 - - - 13
30 - - - 0 - 0 大久保 剛志 29 FW 18 アラン ピニェイロ - - - - - - -
 
奥野 僚右 監督 風間 八宏
スタッツ
120 105 90 45   45 90 105 120
- - 10 10 20 シュート 11 4 7 - -
- - 2 4 6 GK 9 6 3 - -
- - 2 1 3 CK 3 3 0 - -
- - 7 3 10 直接FK 20 10 10 - -
- - 1 2 3 間接FK 2 2 0 - -
- - 1 2 3 オフサイド 2 2 0 - -
- - 0 0 0 PK 1 0 1 - -
警告退場
モンテディオ山形 川崎フロンターレ
64分 22.キム ボムヨン C1 - - -
84分 9.中島 裕希 C1 - - -
85分 22.キム ボムヨン C1 - - -
85分 22.キム ボムヨン CS - - -
[警告理由]
C1:反スポーツ的行為、C2:ラフプレイ、C3:異議、C4:繰り返しの違反、C5:遅延行為、C6:距離不足、C8:無許可侵入
[退場理由]
S1:著しく不正なプレイ、S2:乱暴な行為、S3:つば吐き、S4:得点機会阻止(手)、S5:得点機会阻止(他)、S6:侮辱、CS:警告2回
奥野僚右監督コメント
ハーフタイム ・守備は中からサイドバックはしっかりしぼって。
・攻撃している時のリスク管理をしっかり。
・セカンドボールの勝負、後半はもっと丁寧に。
試合終了後 天皇杯4回戦ということで、どのチームにもチャンスが有る大会ですから、当然準々決勝を目指しておりました。
準々決勝を目指す中で、結果は0-2で終了したと。試合内容については非常に選手たちのアグレッシブさを全面に押し出してくれたおかげで、相手が思うように試合を運べないところを多々作れたんじゃないかと思います。その中で少しずつのチャンスをものにしたかったわけですが、その隙を突くことができず反対に相手に隙を突かれて、また追加点を決められて、終わってみれば0-2という形になりました。なんとか一矢を報いたかったんですが、やはり川崎さんは強かったと思っています。また川崎さんにはぜひ勝ち上がって行ってもらって、優勝を目指してほしいと思います。ありがとうございました。
戦評
前節、G大阪戦に敗れたことでプレーオフ進出の可能性が消えたモンテディオは、気持ちを切り換えて天皇杯4回戦・川崎フロンターレ戦に臨んだが、大久保嘉人選手の2ゴールで0-2と敗れ、今シーズン残る公式戦は24日のホーム最終戦のみとなった。

G大阪戦から中2日でのアウェイ戦に臨んだモンテディオは、リーグ戦から10日ぶりとなる川崎Fを序盤から圧倒。シンプルに裏へボールを入れて相手を押し下げたり、自陣で奪ったあとに素早く味方につなげて前を向くことで川崎Fのゴールに迫る。守備に切り替わっても高い位置からプレッシャーをかけてコースを限定し、自由な攻撃を許さなかった。
寄せが甘い川崎Fに対し、受け手が運動量を惜しまずにスペースに顔を出してパスを次々につなぎ、コンパクトな陣形を保ってセカンドボールもことごとく拾っていった。
ただし、なかなかシュートに結びつかなかったモンテディオは、18分に秋葉勝選手がミドルシュートを放ち、その直後にも中盤でボールを受けターンした萬代宏樹選手からパスを受けた中島裕希選手がシュート。28分、30分にも中島選手がシュートを放った。
その後も宮阪政樹選手や山崎雅人選手が次々にシュートを打っていくが、決めきれずにいた44分、縦のボールを相手ディフェンダーがヘッドで跳ね返すと、矢島卓郎選手がそれを拾い、レナト選手から大久保嘉人選手にスルーパスが送られて川崎Fが先制した。

追いかける展開になったモンテディオは、引き続き押し込んだ形でゲームを進めた。
50分のFKでは宮阪選手が壁を越えてワンバウンドでゴールマウスを襲うシュートを放つが、GK西部洋平選手のファインセーブに阻まれ、55分には左角度から打った萬代選手のシュートがバー直撃。62分には中村太亮選手の左クロスに4人が飛び込み、ファーサイドに流れたボールを宮阪選手が直接狙っていった。
川崎Fは61分に中村憲剛選手を投入。中村憲剛選手に収まることで徐々にモンテディオ陣内にボールを運ぶ回数が増えていたが、77分、西河選手が中村憲剛選手にパスを当ててしまい、いったんは取り返したものの、それを今度は大久保嘉人選手に奪い返され、フリーで打たれたシュートにまたもゴールネットを揺らされた。
2点をリードされたモンテディオは、途中出場の大久保剛志選手も加えて相手陣内まで攻め込むが、アタッキングサードでのプレー精度を欠いて決定機まで持ち込めず、85分にはキム ボムヨン選手がこの日2枚目のイエローカードを受けて退場となった。
このファウルで与えたFKを中村憲剛選手がファーポストに直接当ててヒヤリとするシーンがあり、アディショナルタイムにはシュートをクロスバーに当てられ、そのセカンドボールの競り合いでファウルの判定があってPKを献上。小林悠選手が蹴ったがこのPKはポストに跳ね返され、3失点目は免れたが、最後の抵抗も届かず、0-2のまま試合は終了した。

勝てばクラブ史上3度目のベスト8となり、12月22日の準々決勝までチームを続けることができたが、今年は4回戦で敗退となった。奥野僚右監督、相馬直樹ヘッドコーチの今季限りでの退任がすでに決まっているため、この体制で戦うのは24日のリーグ最終節・東京ヴェルディ戦のみとなった。
試合をみる