MONTEDIO YAMAGATA OFFICIAL WEBSITE

第93回天皇杯3回戦 vs.浦和レッズ

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 モンテディオ山形vs.浦和レッズ
2013.10.16. 19:04KickOff 浦和駒場スタジアム
モンテディオ山形
(J2)
3 1 前半 1 2 浦和レッズ
(J1)
2 後半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
マッチコミッショナー 玉井 朗 天候 晴、強風
主審 木村 博之 気温 18.7℃
副審 平野 伸一 湿度 41%
蒲澤 淳一 ピッチ 全面良芝、乾燥
第四の審判 柿沼 亨 試合時間 90分 延長30分 PK戦 
記録員 大塚 重徳 入場者数 5,890人
得点経過
時間 得点者 得点経過
39分 山形 10.伊東 俊 右 10 ↑ 8 ~ 中央 → 10 右足S
41分 浦和 19.阪野 豊史 中央 直接FK 29 ↑ 中央 19 ヘディングS
67分 山形 15.宮阪 政樹 中央 9 インターセプト こぼれ球 15 右足S
76分 浦和 38.邦本 宜裕 中央 35 インターセプト こぼれ球 38 左足S
79分 山形 24.ロメロ フランク 右 15 → 24 ~ 中央 左足S
~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート
メンバー
交代 シュート   シュート 交代
No 120 105 90 45 モンテディオ山形   浦和レッズ 45 90 105 120 No
- - - - 0 0 0 常澤 聡 21 GK 18 加藤 順大 0 0 0 - - - -
- - - - 1 0 1 キム ボムヨン 22 DF 2 坪井 慶介(Cap.) 0 0 0 - - - -
- - - - 0 0 0 西河 翔吾 4 17 永田 充 0 0 0 - - - -
- - - - 0 0 0 イ ジュヨン 23 12 野田 紘史 0 0 0 - - - -
- - - - 1 1 2 石川 竜也 13                  
- - - - 1 2 3 ロメロ フランク 24 MF 11 関口 訓充 0 0 0 - - - -
- - - - 1 1 2 宮阪 政樹 15 6 山田 暢久 1 1 0 - - 57 -
- - - - 0 0 0 秋葉 勝(Cap.) 19 27 小島 秀仁 0 0 0 - - 65 -
- 86 - - 0 1 1 伊東 俊 10 7 梅崎 司 0 0 0 - - - -
                  34 山田 直輝 0 0 0 - - - -
                  29 矢島 慎也 1 1 0 - - 69 -
- 90+2 - - 0 1 1 中島 裕希 9 FW 19 阪野 豊史 2 1 1 - - - -
- 73 - - 0 1 1 林 陵平 8                  
 
- - - - - - - 清水 健太 1 GK 25 大谷 幸輝 - - - - - - -
- - - - - - - 石井 秀典 3 DF 46 森脇 良太 - - - - - - -
- - - - - - - 山田 拓巳 6 5 槙野 智章 - - - - - - -
9 - - - 0 - 0 堀之内 聖 5 MF 3 宇賀神 友弥 - - - - - - -
- - - - - - - 廣瀬 智靖 17 23 野崎 雅也 0 - 0 - - - 6
                  35 関根 貴大 0 - 0 - - - 29
10 - - - 0 - 0 萬代 宏樹 18 FW 38 邦本 宜裕 1 - 1 - - - 27
8 - - - 0 - 0 山崎 雅人 30                  
 
奥野 僚右 監督 ペトロヴィッチ
スタッツ
120 105 90 45   45 90 105 120
- - 4 7 11 シュート 5 3 2 - -
- - 3 4 7 GK 10 5 5 - -
- - 1 1 2 CK 5 4 1 - -
- - 4 7 11 直接FK 15 5 10 - -
- - 3 1 4 間接FK 1 0 1 - -
- - 3 1 4 オフサイド 1 0 1 - -
- - 0 0 0 PK 0 0 0 - -
警告退場
モンテディオ山形 浦和レッズ
83分 22.キム ボムヨン C4 28分 27.小島 秀仁 C4
90分 18.萬代 宏樹 C1 - - -
[警告理由]
C1:反スポーツ的行為、C2:ラフプレイ、C3:異議、C4:繰り返しの違反、C5:遅延行為、C6:距離不足、C8:無許可侵入
[退場理由]
S1:著しく不正なプレイ、S2:乱暴な行為、S3:つば吐き、S4:得点機会阻止(手)、S5:得点機会阻止(他)、S6:侮辱、CS:警告2回
奥野僚右監督コメント
ハーフタイム ・ボールを奪ったあとはチャンスになる。
・相手の攻撃に対して我慢して、積極性を出していこう。
・コンパクトにディフェンスすること。
試合終了後 次の4回戦にこまを進めることができて、非常に選手たちの努力というものが形になって表れるいい試合ができたと思っております。先に先取点を取りながらも2度追いつかれて、でも3度引き離すというところができた。非常に攻撃的なチームでしたけれども、それ以上にこちらの攻撃的な姿勢、攻撃的な守備というものを表現することができたと思っております。今日の最大の目的は、4回戦にこまを進めるというところ。それを本当に達成できたということで、非常に満足してます。ありがとうございました。
戦評
浦和が12日にヤマザキナビスコカップを戦った関係で、16日・水曜日の夜に開催された天皇杯3回戦は、モンテディオが伊東俊、宮阪政樹、ロメロ フランクの3選手のゴールで3-2と勝利し、4回戦にコマを進めた。

台風一過の浦和駒場スタジアムは吹き返しの強い風が吹いていたが、モンテディオは風下でスタート。7分のFKの場面では宮阪選手がタイミングをズラしたシュートを直接狙ったが、互いにイージーなミスが多い展開でチャンスらしいチャンスが少ないまま時間が過ぎていった。
開始からしばらくは相手にバイタルエリアで起点をつくられるなど縦パスを封じることができずにいたが、徐々に連係してボールを奪えるようになると、切り換え早く攻撃を仕掛けることで相手ゴールに迫るシーンが多くなっていった。26分には縦パスを奪った伊東選手がペナルティーエリアまでドリブルで持ち込み、29分にはイ ジュヨン選手が奪い返したボールを最後は林陵平選手がシュート。31分には秋葉勝選手のスルーパスに中島裕希選手がバーの上を越えるシュートを放った。
この攻勢が実を結んだのは39分。相手のパスをカットした伊東選手が林選手とのパス交換でペナルティーエリアに進入し、ニアを打ち抜いて先制点を奪った。しかし、その3分後にはFKから阪野豊史選手にヘディングシュートを決められ、1-1のまま後半に突入した。

後半は風上に立つモンテディオが優位に試合を運び、60分にはセットプレーから石川竜也選手が決定機を迎えるなど押し込んだ。すると67分、中島選手が競ったこぼれ球をうまく拾った宮阪選手がミドルレンジからシュートを放つと、変化したボールはバウンドしながらゴールマウスに飛び込んだ。
2-1とリードしたあとも連動した守備で危なげなく進めていたが、自陣でボールを奪われた一瞬の隙に、途中出場の邦本宜裕選手に思いきりのいいミドルシュートを決められ、再び同点に追いつかれた。
しかしその3分後、右サイドからドリブルしたロメロ フランク選手がゴール前までたどり着くと、切り返して左足で自らゴールを奪い、モンテディオが三たびリードした。
浦和は終盤にかけ、GK加藤順大選手が高い位置まで攻撃参加するなど1点を追って懸命に反撃を試みるが、モンテディオもアディショナルタイムに浦和との古巣対決となる堀之内聖選手を投入するなど守備で踏ん張りを見せ、3-2のまま試合は終了。90分をとおして相手シュートを5本に抑えたモンテディオが4回戦進出を決め、20日に控えるアウェイ札幌戦に弾みをつけた。
試合をみる