MONTEDIO YAMAGATA OFFICIAL WEBSITE

2013J2リーグ第24節vs.ジェフユナイテッド千葉

2013Jリーグ Div2第24節第1日 モンテディオ山形vsジェフユナイテッド千葉
2013.7.14. 18:04KickOff NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形
(ホーム)勝点33→33
0 0 前半 1 3 ジェフユナイテッド千葉
(ビジター) 勝点41→44
0 後半 2
マッチコミッショナー 川北 信幸 天候 曇りのち雨、無風
主審 飯田 淳平 気温 24.1℃
副審 中野 卓 湿度 88%
作本 貴典 ピッチ 全面良芝、水含み
第四の審判 佐藤 誠和 試合時間 90分
記録員 細谷 龍彦 入場者数 10,020人
得点経過
時間 得点者 得点経過
23分 千葉 5.山口 智 中央 直接FK 5 ↑ 右 11 ↑ 中央 5 ヘディングS
69分 千葉 14.大塚 翔平 右 CK 8 ↑ 中央 37 シュート バーかえり 14 右足S
86分 千葉 37.ケンペス 左 15 ↑ 相手DF クリア 37 カット ~ 中央 右足S
~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート
メンバー
交代 シュート   シュート 交代
No 90 45 モンテディオ山形   ジェフユナイテッド千葉 45 90 No
- - 0 0 0 清水 健太 1 GK 1 岡本 昌弘 0 0 0 - -
- 67 1 0 1 小林 亮 2 DF 11 米倉 恒貴 0 0 0 - -
- 76 0 0 0 堀之内 聖 5 20 キム ヒョヌン 0 0 0 - -
- - 0 0 0 作田 裕次 25 5 山口 智 1 1 0 - -
- - 0 1 1 中村 太亮 7 33 高橋 峻希 0 0 0 68 -
- 67 0 1 1 山崎 雅人 30 MF 16 佐藤 健太郎 0 0 0 - -
- - 0 1 1 秋葉 勝 19 8 伊藤 大介 0 0 0 85 -
- - 0 0 0 ロメロ フランク 24 6 田中 佑昌 0 0 0 - -
- - 1 3 4 伊東 俊 10 39 谷澤 達也 0 0 0 88 -
              14 大塚 翔平 2 1 1 - -
- - 3 0 3 中島 裕希 9 FW 37 ケンペス 4 0 4 - -
- - 1 2 3 林 陵平 8              
 
- - - - - 常澤 聡 21 GK 21 大久保 択生 - - - - -
- - - - - 石井 秀典 3 DF 3 竹内 彬 0 - 0 - 39
5 - 1 - 1 石川 竜也 13 15 大岩 一貴 0 - 0 - 33
- - - - - 比嘉 厚平 14 MF 7 佐藤 勇人 - - - - -
- - - - - 宮阪 政樹 15 13 山口 慶 0 - 0 - 8
2 - 0 - 0 廣瀬 智靖 17 26 井出 遥也 - - - - -
30 - 0 - 0 萬代 宏樹 18 FW 23 ナム スンウ - - - - -
 
奥野 僚右 監督 鈴木 淳
スタッツ
- - 90 45   45 90 - -
- - 7 8 15 シュート 7 2 5 - -
- - 3 2 5 GK 12 4 8 - -
- - 2 1 2 CK 1 0 1 - -
- - 9 6 15 直接FK 13 7 6 - -
- - 0 1 1 間接FK 4 3 1 - -
- - 0 1 1 オフサイド 4 3 1 - -
- - 0 0 0 PK 0 0 0 - -
警告退場
モンテディオ山形 ジェフユナイテッド千葉
77分 9.中島 裕希 C1 7分 20.キム ヒョヌン C5
81分 24.ロメロ フランク C1 56分 33.高橋 峻希 C1
[警告理由]
C1:反スポーツ的行為、C2:ラフプレイ、C3:異議、C4:繰り返しの違反、C5:遅延行為、C6:距離不足、C8:無許可侵入
[退場理由]
S1:著しく不正なプレイ、S2:乱暴な行為、S3:つば吐き、S4:得点機会阻止(手)、S5:得点機会阻止(他)、S6:侮辱、CS:警告2回
奥野僚右監督コメント
ハーフタイム ・相手の背後をシンプルに使っていこう。
・0-0のつもりでゲームに入っていこう。
・中盤で起点をつくらせないよう。
試合終了後 結果を見てのとおり、0-3という形で負けました。試合としては非常に自分たちのいい形をつくりながら攻撃をできたとは思うんですが、最近、課題であったところのフリーキックであったりセットプレーのところで修正しきれずに失点して、なおかつ、こちらが出ていったところのカウンターという、相手にとって理想的なアウェイでの勝ち方というのを見事にやられたというふうに思っています。途中、1点を返すようなチャンスも少しありましたが、そういったところでもう少しのパワーを発揮できなかった。今日、1万人を越える多くの方が期待して応援に来てくださいましたが、その人たちに笑顔で帰っていただくことは残念ながらできませんでした。。 。。
戦評
後半戦に入り、2試合逆転負けのモンテディオ山形はホームに戻り、5位・ジェフ千葉と対戦。前半にリスタートから失点すると、後半も全体では押し込みながら2失点し、0-3で敗れて今季2度目の3連敗となった。

モンテディオはゴ—ルキーパーを清水健太選手、右サイドバックを小林亮選手、フォワードを山崎雅人選手と3人を入れ替えてスタート。味方同士の距離感を大事にしながら、山崎選手の飛び出しや右サイドハーフでプレーした中島裕希選手のドリブルなどで押し込む展開に。
5分のCKではクロスのこぼれ球を拾った林陵平選手が回り込んでのシュート、15分には右スペースへ飛び出した山﨑選手のクロスから伊東峻選手が飛び込んでシュートとチャンスをつくると、作田裕次選手がケンペス選手を空中戦で抑えるなど相手にはシュートを打たせない守備を続けていた。
しかし23分、ファウルで相手にFKを与えた場面で、モンテディオの選手たちが判定に異議を唱えるなどプレーの集中を欠いていたのを見逃さずに千葉の山口智選手がリスタート。左サイドに振られたボールがクロスとなってゴール前に入って来ると、ヘディングでゴールを決めたのはゴール前まで長い距離を走っていた山口選手。完全にマークが外れた状態で先制点を奪われた。
その後は伊東選手のクロスがバーをこすったり、前半終了間際にもロメロ フランク選手のマイナスのクロスを伊東選手がシュートするなど相手ゴールに詰め寄ったが、前半は0-1のまま終了した。

後半に入り、1点を追うモンテディオは右サイドで中島選手のドリブルや小林選手のオーバーラップなど50分以降はほぼ一方的にボールを保持し攻める展開となった。
しかし、なかなかゴールは割らせてもらえず、67分には山崎選手を萬代宏樹選手に、小林選手を廣瀬智靖選手に代える2枚替えに打って出たが、その直後の68分、この試合最初のCKを与えるとケンペス選手にヘディングシュートを打たれ、ポストに当たった跳ね返りを大塚翔平選手に冷静に押し込まれて追加点を許した。
その後、一時は千葉がボールを持つ時間帯もあったが、時間とともに攻めるモンテディオ、守る千葉の構図が鮮明になる。堀之内選手に代えて石川竜也選手をセンターバックに投入。最終ラインの組み立てから中盤まではボールを運べるものの、ブロックを構える千葉を最後のところでは崩しきれず、逆に41分にはカウンターからケンペス選手にフリーでシュートを打たれて3失点目を喫した。
試合はこのまま0-3で終了。3連敗のモンテディオは通算戦績が10勝3分け11敗となり、勝ち点33は変わらず。順位は10位に下げ、次節はホームに岡山を迎える。
試合をみる