MONTEDIO YAMAGATA OFFICIAL WEBSITE

2012J2リーグ第3節vs.大分トリニータ

2012Jリーグ Div2第3節第1日 モンテディオ山形vs大分トリニータ
2012.3.17. 13:04KickOff NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形
(ホーム) 勝点3→6
3 1 前半 0 2 大分トリニータ
(ビジター) 勝点3→3
2 後半 2
マッチコミッショナー 北郷 光宏 天候 雨、無風
主審 松尾 一 気温 6.7℃
副審 村井 良輔 湿度 66%
清野 裕介 ピッチ 全面良芝、水含み
第四の審判 林 可人 試合時間 90分
記録員 細谷 龍彦 入場者数 6,315人
得点経過
時間 得点者 得点経過
31分 山形 30.山崎 雅人 PK 30 右足S
75分 山形 18.萬代 宏樹 中央 5 ヘディングS 相手DF クリア こぼれ球 18 右足S
79分 山形 30.山崎 雅人 中央 相手DF クリア 4 ↑ 30 左足S
89分 大分 11.村井 慎二 右 24 ↑ 中央 相手DF クリア こぼれ球 11 右足S
90分+1 大分 9.三平 和司 左 11 → 中央 9 ~ 右足S
〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート
スタッツ
- - 90 45   45 90 - -
- - 8 7 15 シュート 7 3 4 - -
- - 1 5 6 GK 10 5 5 - -
- - 3 4 7 CK 4 1 3 - -
- - 4 5 9 直接FK 18 8 10 - -
- - 2 1 3 間接FK 2 1 1 - -
- - 2 1 3 オフサイド 2 1 1 - -
- - 0 1 1 PK 0 0 0 - -
メンバー
交代 シュート   シュート 交代
No 90 45 モンテディオ山形   大分トリニータ 45 90 No
- - 0 0 0 清水 健太 1 GK 1 清水 圭介 0 0 0 - -
- - 0 0 0 小林 亮 2 DF 6 土岐田 洸平 0 0 0 - -
- - 0 1 1 西河 翔吾 4 3 阪田 章裕 0 0 0 78 -
- - 1 0 1 前田 和哉 5 4 作田 裕次 0 0 0 - -
- - 0 0 0 石川 竜也 13              
- 74 0 0 0 秋葉 勝 19 MF 9 三平 和司 2 1 1 - -
- 58 0 2 2 宮阪 政樹 15 11 村井 慎二 4 2 2 - -
- - 0 1 1 船山 祐二 8 32 宮沢 正史 0 0 0 - -
              17 石神 直哉 0 0 0 - -
- 82 1 2 3 山崎 雅人 30 FW 10 チェ ジョンハン 0 0 0 66 -
- - 3 1 4 萬代 宏樹 18 20 森島 康仁 0 0 - 46 -
- - 1 0 1 中島 裕希 9 7 小手川 宏基 1 0 0 - -
 
- - - - - 中村 隼 16 GK 31 上福元 直人 - - - - -
19 - 0 - 0 宮本 卓也 14 DF              
15 - 2 - 2 石井 秀典 3              
- - - - - 山田 拓巳 6              
- - - - - 宮沢 克行 7 MF 2 藤川 祐司 - - - - -
- - - - - 北村 知隆 11 15 永芳 卓磨 - - - - -
              18 イ ドンミョン 0 - 0 - 3
              22 キム ジョンヒョン 0 - 0 - 10
30 - 0 - 0 比嘉 厚平 24 FW 24 木島 悠 0 - 0 - 20
 
奥野 僚右 監督 田坂 和昭
警告退場
モンテディオ山形 大分トリニータ
16分 30.山崎 雅人 C1 30分 6.土岐田 洸平 C1
90分+5 9.中島 裕希 C4 45分+4 4.作田 裕次 C1
      78分 22.キム ジョンヒョン C2
[警告理由]
C1:反スポーツ的行為、C2:ラフプレイ、C3:異議、C4:繰り返しの違反、C5:遅延行為、C6:距離不足、C8:無許可侵入
[退場理由]
S1:著しく不正なプレイ、S2:乱暴な行為、S3:つば吐き、S4:得点機会阻止(手)、S5:得点機会阻止(他)、S6:侮辱、CS:警告2回
奥野僚右監督コメント
ハーフタイム
  • サイドチェンジを有効に使って正確にプレーしよう。
  • クロスに対してマイナスもイメージ
  • 走って、走って、追加点を奪う。
試合終了後

今日はありがとうございました。今日、勝点3を取ることができて本当によかったと思っております。
試合の序盤から自分たちがめざすものを少しずつ、連動であったり、連携の部分がよくなってきたかなと思っております。みなさんおっしゃりたいことはわかると思うんですけれども、今の自分たちの力じゃ、89分と90+1分というところで失点をしましたけれども、それも相手が一人少なくなってからの状態なんですけれども、前半のアディショナルタイムが3分あったことを含めて考えると、まだ90分に少しだけ自分たちの体力的な部分であったり、集中を持続させる部分が足りなかったかなと。そういうところを、まだどんどん延びていってると思いますし、キャンプから続けてきて継続してきたなかで、その時間というのがかなり延びてきた。それをとても実感していてうれしく思います。ですから、まだみなさんハラハラドキドキという試合にはなってしまいましたけれども、これを継続して、後半はアディショナルタイム6分あったわけですけれども、そういうアディショナルタイムの部分も含めて自分たちがプレーを全うできるように取り組んでいきたいと思っています。
今日は勝点3を奪えたことをとてもよろこびに思っています。ありがとうございました

戦評

前節は松本山雅を相手に2-1で今季初勝利を挙げたモンテディオは、NDスタでホーム開幕戦を迎えた。対戦相手は同じく前節で今季初勝利の大分トリニータ。連勝を懸けた一戦は13時4分にキックオフされた。

モンテディオは前節と同じ先発メンバーで臨んだ。3分には石川竜也選手が左から、6分には秋葉勝選手が右からクロスを上げ、サイドの高い位置を起点に攻め込む積極的な立ち上がりで大分陣内に攻め込んだ。
途中で押し込まれる時間帯があったものの、これをしのぐと反撃はやはりサイドから。21分、石川選手のクロスをファーサイドで受けた萬代宏樹選手が中へ切れ込んでシュート。23分には山崎雅人選手のクロスを船山祐二選手がシュート。27分にはまたも船山選手との交換から山崎選手がシュートと大分を圧倒。29分には秋葉選手のクロスに中島裕希選手が飛び込んだが、ここで相手にファウルがあり、モンテディオはPKを獲得。これを山崎選手が落ち着いて決め先制点を挙げた。
このあとも中島選手や山崎選手が豊富な運動量で起点となり、CKから西河翔吾選手のヘディング、船山選手のミドルとシュートが続くなど、押し込んだまま前半を1-0で折り返した。

森島康仁選手など強力な3トップを擁する大分は多くのチャンスを作れなかったため、後半開始から森島選手を木島悠選手にスイッチ。しかし、それでもゲームを支配したのはモンテディオだった。
後半9分には石川選手のFKから秋葉選手が折り返し、中島選手が飛び込むと、後半17分にも秋葉選手のクロスに中島選手がヘディングシュート。さらに25分にはスローインから中島選手が起点をつくり、マイナスのクロスに途中出場の石井秀典選手がボランチの一から上がってきてのシュート。直後にもCKから石井選手が飛び込んだ。
いずれも枠をとらえられなかったが、後半30分のCKでは前田和哉選手が折り返し、混戦のこぼれ球を萬代宏樹選手が移籍初ゴールとなる追加点を挙げる。さらに大分が選手交代でディフェンダーを1枚削った直後、西河選手のフィードと山崎選手の裏への飛び出しの意図がピタリと合い、左足をダイレクトに振り抜いてシュート。3-0とほぼ試合を決めた。
40分には負傷退場で大分が10人となり、圧倒的な優位に立ったが、ここからそれまでのリズムを崩し、後半44分には村井慎二選手、アディショナルタイムには三平和司選手にゴールを決められ、3-2と1点差に詰め寄られたが、6分間のアディショナルタイムをなんとかしのぎ、勝利を手にした。

モンテディオは連勝で2勝1敗とし、順位を8位に上げた。次節は3連勝と波に乗るヴァンフォーレ甲府をホームに迎える。

試合をみる