MONTEDIO YAMAGATA OFFICIAL WEBSITE

宮崎キャンプ2日目

宮崎キャンプ2日目は、前日練習でかけた負荷とこの日の雨で水がたまっているグラウンドコンディションを考慮し、午前練習をオフにしました。
午後練習も、よりグラウンドコンディションのよい場所でトレーニングするため、会場を予定されていたサッカー場から隣接するラグビー場に変更しました。
開始直前に判断したため、スタッフ総出でゴールマウスを移動しました。
狭い通路でしたが、声を掛け合ってうまく運ぶことができました。

bk2013021901.jpg


トレーニング内容は、「これまでのリピートです」と奥野僚右監督。
6人でポゼッションしながら1人がスピードアップのタイミングと方向を決め、他の選手も連動していくトレーニングなど、グループで続けてきたことを繰り返します。

bk2013021902.jpg


後半はクロスからのシュートとクリアです。
クロス、シュート、クリアを全員がローテーションして行います。
途中で奥野監督が「せっかくスリッピーなグラウンドだから、速いボールを通そう」とクロッサーに速いボールを要求していました。

bk2013021903.jpg


トレーニングが終わり、最後の円陣です。
その最中、各選手にドリンク入りのボトルが手渡されていきました。手渡しているこの写真でも中央からやや左、大塚慶輔フィジカルコーチから作田裕次選手にしっかりと手渡されています。
そして…

bk2013021904.jpg


一斉に放水開始!
2月19日は秋葉勝選手、萬代宏樹選手、日高慶太選手の誕生日です。
偶然にも続き番号の3人ですが、ターゲットが多い状況での水かけがどうなったのか、レポートでお伝えします。

bk2013021905.jpg


中央でうずくまっているのは秋葉選手と小林亮選手です。
「亮さんが同部屋なので、亮さんに抱きつきました」と秋葉選手。
いつもは水をかける側で大活躍する小林選手は「すげータックル来ました。あいつ、俺のこと狙ってましたね。めっちゃ低いところから来ましたもん」と逃げる間もなく道連れとなったようです。

bk2013021906.jpg


「水かけられるの、ほんっと嫌だったんです」とマジモードで逃げる気満々だった日高慶太選手を執拗に追っていたのは、宮阪政樹選手と比嘉厚平選手。
日高選手は逃げる!

bk2013021907.jpg


まだ逃げる!

bk2013021908.jpg


しかし逃げ切れず、このあと捕まりました。
日高選手にとっては人生初の水かけ儀式だったようですが、「やられてみたら、意外と悪くなかったです」とまんざらでもない表情でした。

bk2013021909.jpg


水かけが一段落したあとも、萬代選手に向けて放水を続けていたのがキムボンヨン選手です。
「韓国人は上下関係が厳しいはずなんですけど、あいつ、俺だけはナメてますね。ザキさんとか陵平にはヘコヘコしてるのに」と萬代選手。

bk2013021910.jpg


その後もキム選手からしつこく続けられる攻撃に、ついに萬代選手も堪忍袋の緒が切れ…

bk2013021911.jpg


強権発動となりました。

bk2013021912.jpg


萬代選手がキム選手を仰向けに倒したところに、山崎雅人選手が水攻めで萬代選手を援軍し、常澤聡選手も駆けつけます。

bk2013021913.jpg


最後には気が利くリソンアン通訳もボトル持参で加わりました。
数的不利のキム選手は返り討ちに遭ってしまいましたが、今年1年、萬代選手とキム選手のバトルはどのような展開を見せるのか、楽しみに見守りましょう。

bk2013021914.jpg


20日は関西大とのトレーニングゲームが行われます。
時間は14時30分、場所は宮崎県総合運動公園ラグビー場を予定しています。

 

 

 

 

 

teamasone.jpg

オフィシャルブログ アーカイブ

2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28